同じに見えるけど、実は毎日新しい空がある

LIFE 〜毎日違う空色〜

3歳児の心のたたかい

人生 子ども 育児

育児休暇中に見た3歳児のたたかい

更新日:

どうも、しょうへいです。

二人目の子が生まれた時に、育児休暇を取り、上の子との時間がいつもより増えました。

その時、3歳ながら、環境の変化を頑張って受け入れようとしているんだけど、本当は寂しいんだ

という、息子が心の中でたたかっている一面を見ました。

妻は出産後の入院

二人目の子の誕生と同時に、妻は産後入院に入ります。5日程度の入院です。そのため、5日間家に帰ってきません。

なので、上の子の相手は当然私です。

それが、育児休暇取得中の最優先事項。

息子と児童館にいったり、息子が好きなショッピングモールへ連れていったりしました。

環境の変化に気づいている3歳児

いつもなら、起きたらパパは会社に行っているので、いないはず。

いつもなら、毎日ママと出かけたりするはず。

でも、朝からずっとパパがいる。

ママは、病院にずっといて、家に帰って来ない。

ママは、病院で小さな赤ちゃんと一緒。

 

「赤ちゃんが生まれるよ」と言っていったので、それは理解してくれていたと思います。

だから、この生活の変化に、気づいていて、彼なりに受け入れようとしていた。

3歳児の葛藤

彼のお気に入りのショッピングモールに出かけました。育児休暇の初めだったと思います。

イオンモールのおもちゃ屋巡り

このショッピングモールには、おもちゃ売り場が3箇所あり、全てまわるのが定番になっています。

各おもちゃ売り場の、触れるおもちゃで遊びます。

そろそろ、いい時間。おもちゃで遊んでいる息子に声を掛けました。

「はっちゃんそろそろ帰ろうか」

「はーい」

息子は素直に返事。店内のおもちゃ屋さんから、少し離れた駐車場へ向かいます。

夕暮れ時の駐車場

夕暮れ時の駐車賞

駐車場に到着。もう夕暮れ時。

帰ってから、お風呂に入れないと、御飯作らないと、

その時は、そんな事考えていました。

 

車の近くに来た時に、息子は立ち止まりました。

どこか寂しそうな表情で、息子が言います。

 

 

「おうちに、かえりたくない」

 

 

そう言った後、息子の目から、涙が溢れ出しました。

 

その瞬間は、なぜ泣いているのか、なぜ帰りたくないのか、私にはわかりませんでした。さっきまで楽しそうに遊んでいたし、帰ろうかと言った時に素直に応じてくれていたからです。

でも、次に息子が涙をこぼしながら発した言葉で、なぜ帰りたくないのか理解しました。

 

 

「ママのびょういんに行くの」

 

 

家に帰りたくない理由、

自分の家がいつもと違う。

それは、いつもパパがいる。

それは、家にママがいない。

子どもにとって、大きな環境の変化なのだと思います。

いつもいるママが家にいない事は、十分すぎるぐらいの大変化。

遊んでいる時は、気がまぎれるだけ。

本当は、寂しくて不安なんだ、そんな一面を見せました。

 

ごまかすために、息子に声を掛けました。

「ん〜、少しお散歩しよっか?」

「うん」

涙を拭きながら、息子がこたえます。

少しぶらぶらと、特別なにかある訳でもない駐車場を散歩。

しばらく歩いて、自分の車に近づくと、

 

「やだ、さんぽするの!」

 

息子はまた涙を流しながら言います。

家に帰るのを、先延ばしにするかのように。

 

やはり、ママのいない、いつもと違う家が、嫌なんだ。

そう確信しました。

 

妻が5日間不在の生活

この出来事を妻に相談。

 

結果、

 

息子は、病院近くの祖父の家でお風呂に入り、そのままママのいる病院へ。

私は、自宅に帰って、家事業を片付けて、お風呂に入って、妻がいる病院へ。

この生活を、妻が退院するまで続けました。

 

息子はこの間、一度も家に帰らず。

 

あとがき

駐車場で、息子を無理に車へ入れて、家に帰ろうかとも思いました。

でも、そんなことをしなくて、良かったと思います。

彼は彼なりに、受け入れようとしている。

寂しい気持ちをごまかそうとしている。

まだ3歳。環境が変われば、戸惑うはず。大人だってそうですから。

 

大きくなったら、覚えていないでしょうが、

あの時、息子が、環境の変化を受け入れようとしてくれていた事、

そして、受け入れてくれたこと、感謝しています。

愛しいこどもたち

 

 

息子のお話し、読んでいただき有難うございます。

ではまたどうぞ、宜しくお願いします。

 

 

-人生, 子ども, 育児

Copyright© LIFE 〜毎日違う空色〜 , 2021 All Rights Reserved.